第三十三回 | きもの時間
2015年10月19日 活動記録

第三十三回

第三十三回 きもの時間

日にち
2015年10月15日(木)
参加者
8名
行程
  • 11:00 集合・自己紹介
  • 11:30 「小山憲一紬織展」(ガレリア表参道・東後町)
  • 13:30 昼食「WORLDTRECK DINER & GUESTHOUSE」(東後町)
  • 15:00 解散

今回の「きもの時間」では
ガレリア表参道で開かれている
「小山憲一紬織展」に出かけました。

初日ということもあり、小山さんご本人とお会いできました。
さらに、オーナー・石川さんの計らいにより
小山さんから展示作品の説明をして頂く事ができました。

糸という「線」が布という「面」になる事を想像するだけで
私は頭がクラクラしてきます。そこにかけた「手間と時間」を想像して。

その為に何匹の蚕が…、と考え始めると本当に「着物」を粗末にできないな、と思います。

その前提の上に、小山さんが紬地に込めた工夫・技術・計算された「染め」の作業などを聞いて、さらにクラクラしてきて…。

「どうぞ袖を通してみて下さい」とのお言葉に甘えまくって、3着も羽織ってしまいました。
後で参加者の方から「あ、また違うの着てると思った」と言われましたが、
「こんな機会はめったに無い」と心を奮い立たせての事なのですよ、いちおう。

着心地の良さと、小山さんの着る人への気遣いと、お人柄も相まって…
我が家の家計では簡単には購入できない金額ではありますが、
「いつかは(購入して)着てみたい」と、心の中で握りこぶしを作ってしまう魅力がありました。
主人へ何て言えば頷いてもらえるだろうか、と計画を練ってしまいそう…。

気づけば2時間ほど経っていて、お腹もペコペコ。
ご挨拶をして、昼食に向かいました。

それにしても、楽しい時間でした。

(篠宮・記)