第四十九回 | きもの時間
2016年09月16日 活動記録

第四十九回

第四十九回 きもの時間

日にち
2016年9月15日(木)
参加者
5名
行程
  • 10:50 集合
  • 11:00 香道体験「光蓮寺(長野市西尾張部517)」
  • 13:00 体験終了
  • 13:20 昼食「氷見きときと寿司」(東和田)
  • 14:20 解散

こんにちは、篠宮です。

4月から模様替えした「きもの時間」。
毎回「テーマ」を決めて開いてます。

今までは申し込みが不要でした。

これからは、
□毎月第三木曜日の会は“開催1週間前までに”お申込み
□お茶会は前日までにお申込み
をお願いします。

内容によっては定員を設ける事もあります。
このHPでのご確認をお願いいたします。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
さて、今回は「香道体験」。

私が初めて「香道」「源氏香」という言葉を聞いたのは15年ほど前のことでした。

わりと好きな女優さんがハマっている事として紹介されていたような記憶があります。

源氏物語の各帖の名前がついた「源氏香の図」が私には“何かの暗号”のように思え
どんな意味があるのか、少し興味を持ちました。

ちなみに、源氏物語は「あさきゆめみし」という漫画を途中まで読んだぐらいで
「着物」は生活の中には入って来ていませんでした。

当時一冊本を買ったのですが、先に友達に貸したところ未だに帰ってこないまま
私の興味も知識も止まったままでした。

その「香道」が再び私の目に留まったのが
「信州着物暮らし十二ヶ月」(北沢房子・文 / 信濃毎日出版部・編 2015年発行)

体験ができるとの事だったので、いつかは、、、と思い続け
ついに実現したのでした。

さて、体験の内容をみなさんにお伝えしたいのですが、
書いていくと次の日になってしまいそうです。

少し時間を置いてから、このページに追記していきたいと思います。

体験の記録(奉書)の写真を載せておきますね。
20160915_kodo

ーーーーー
この奉書に、この日の体験が全て記されています。
専門用語を調べつつ私の言葉で少し説明してみますね。
右から
・香五種名(香木の名称ではなく、香元が命名。その日のテーマ。)
・本日の組香(ゲーム)名
・本日の答え(一番目、二番目が同じ香。三番目、四番目、五番目はそれぞれ違う香でした、の意味。源氏香の図「空蝉」。)
・客名 / 源氏香の図 / 帖の名前 / 聞けた数
・日付 / 会場 / 会を催したスタッフの名前

(篠宮・記)