第五十三回 | きもの時間
2016年12月16日 活動記録

第五十三回

第五十三回 きもの時間

日にち
2016年12月15日(木)
参加者
7名
行程
  • 11:00 集合「たんす屋長野店」(アゲイン4F・北石堂町)
  • 11:30 昼食「カフェあじたりあん」(北石堂町)
  • 13:30 たんす屋長野店にて自由解散

こんにちは、篠宮です。

今年最後のきもの時間は
再び「きもの工房まつや たんす屋」店長さんをお迎えしました。

日常的に着物を着たい私たちには
毎日着物を着ている店長さんの経験・アドバイスは
ためになる事ばかり。

自分は何がハードルになっていて
着物を着る機会を遠ざけているのかがわかると
着物との距離はずっと近づきます。

これからも定期的に店長さんとお話しできる機会を
設けて行けたら、と思っております。

この日、一番の盛り上がりは
「窓が付いていないたとう紙に着物を保管するといちいち開けて中を見るのが面倒。」
のお悩みに
「私はタンスに入れる場合、横は包まず、縦だけ包むようにしています。そうすると横から着物の柄が見えますよ。」
と工夫をしている方のコメント。

なるほど! と一同膝をうちました。

今回のランチ店、あじたりあんさんのコースで印象に残っているのが「イノシシ」のお肉!
干支が亥の私は何処か感慨深いものがありました。(理由はわかりません)
優しい味付けで、前菜からデザートまですべて美味しくいただきましたよ。

ランチ後はたんす屋に戻り、各々買い物などして自由解散。
今年のきもの時間も無事終わりました。

今年のきもの時間は、自由参加のランチ会から運営方法を変えて企画性をあげてみた年でした。
毎月企画を考えて、相談や交渉をしていくのは大変ではありますが
「着物を着ているからこその楽しみ体験」を来年も企画していけるといいなぁ。

今年「きもの時間」に参加くださった皆様
参加できない時も気にしてくださっている皆様
たいへんお世話になりました。

また来年もよろしくお願いいたします。
みなさま良いお年を!