第五十四回 | きもの時間
2017年01月19日 活動記録

第五十四回

第五十四回 きもの時間

日にち
2017年1月19日(木)
参加者
7名
行程
  • 11:00 集合・自己紹介
  • 11:30 昼食「知音亭」(大門町)
  • 13:00 西宮神社・えびす講 散歩
  • 13:30 解散

こんにちは、篠宮です。
今年一回目の「きもの時間」は
先日の大雪の影響で、道にはまだまだ雪が残っている状態での開催でした。

雪や雨の日、着物での外出はできれば避けたい方も多いのではないでしょうか。
着物が濡れるのは避けたいですし、足元もハネ返りや足袋の濡れが気になりますし、
何より歩き辛いですし、、、。
ですので、そんな方には無理せずに洋服で来ていただきました。

それでも「着物」を選んだ人は、それぞれ自分に合った対策があるものです。
・ウール、綿、ポリエステルなど手入れが楽な着物を選ぶ
・履物を「ブーツ」「カバー付き草履」にする など

着物を日常着として着たいと思うと
お天気対策で頭を使う事もまた楽しいものです。

冬は寒さ対策にも頭を使うので、それもまた楽しいですよね。

さて、今回から着物に似合うワンポイントメイク講座が始まりました。
今日は「眉」。
形ばかり気にしていましたが、
「濃さ」にもポイントがあることを知り勉強になりました。

着物と洋服を両方楽しみたいとき
メイクとヘアも使い分けることは
高度なおしゃれだと思っている私です。

20170119_1

さて、今回の昼食は「知音亭」さん。
竹風堂店内を通り抜けたところにあります。

店内には「お茶室」がありました。
とても素敵な場所。

月ごとに内容が変わるお昼のメニュー「旬菜点心」をいただきました。
一品ずつゆっくり味わうことが楽しくて、
とても贅沢な時間を過ごせました。

食事が終わり、時間に余裕がある人だけで
西宮神社のえびす講見物に行きました。
神社前の道路には熊手、福だるま、飴屋に縁起物の屋台が並び、賑やかでした。

みなさんは、今年は着物とどうお付き合いしていくのでしょうか?
私は今年も着物で過ごす日を増やしていくことが目標です。